【開催レポート】先輩体験談セミナー

こんにちは。D-spirits運営事務局の斉藤です。
 

D-spiritsでは、働く障がいのある先輩をお招きして、
就職活動の体験談やお仕事のお話をしていただく先輩体験談セミナーを開催しています!
 

実際に就職した先輩からリアルな声をきいて実感したり、イメージしていただき、就職に活かしていただくことが目的です。
 

8月9日(日)は、社会人1年目の聴覚障がいをお持ちの先輩にお越しいただきました。
現在、建築関係の会社で人事部のお仕事をなさっています。
 

当日は、たいへん盛り上がりました(*^^)

 

********************
 

当日のセミナーでのお話をほんの一部ご紹介します!◎
 

■職場でのコミュニケーション 

→聴覚障害3級で、基本的に、職場では口話でコミュニケーションをとっています。 
 中には営業をしている方もいますが、聞こえないことを承知してもらった上で、お客さんとコミュニケーションをとっています。   


■コミュニケーションで、大きな不安がなくなったエピソード   

→新人研修の先生が"聞こえなければ前に来なさい。みんなに聞こえないことを知ってもらうために自分をさらけ出せ"と言ってくれました。 
 最初は緊張するし、目線が気になることもあったのですが、友達が休み時間に手話はどうやってやるのと聞いてくれました。
 気づいたのは、言わなければわからないし、言えばわかってくれるということ。自分を隠す必要はないと思いました。
 

■一番大切なのは、先輩に会社環境を聞いてから入ること

→初めから行きたいと強く思わない会社でも、まず話を聞いてみるということを心掛けて説明会等に参加していました。 
 人生の先輩として社員の方のお話を聞くことは大事だと思っています。まずは会社について理解することから始めました。 
 みんなは会社を名前で決めることが多いだろうけど、一番大切なのは、先輩に会社環境を聞いてから入ることです。 
 入社してよかったと話す同級生もいれば、後悔している同級生もまわりにいます。

 

********************
 

会社の中身を見てから決めた方が良いと思うとのこと、印象に残るお話でした!
 

他にも、
 「選考活動の試験問題について」
 「差をつけるESの書き方」
 「企業内で他にどんな障がいの方がどんな働き方をしているのか」
 等々、お話していただきました。
 

今後のセミナーは他の障がいをお持ちの先輩にお越しいただいて、お話を聞きたいと思いました。

 

■参加者の声 

・まだ大学2年生なので就職活動についてよく分からなかったけど、お話を聞いて今のうちに出来ることはしようと思いました。 
・障がい者雇用に関しては、まだまだ課題はあるけれど、今回のお話を聞いて可能性が広がりました。
 ・ここだけの話を教えてくださり、とても有意義な時間が過ごせました。

会員登録をする

D-spiritsで開催するイベントは、
会員様限定となっております。

学年・障害者手帳の有無は問いません。
みなさまのご登録、お待ちしております!