先輩インタビュー②

明日はいよいよD-spirits就職フェアです!!
みなさんぜひぜひ来てくださいね(*^-^*)

先輩インタビュー第2弾(´▽`*)

今回は製造業の企業で働かれている新卒1年目の永野さんです!

ご紹介:女性、製造業企業にお勤め、入社一年目、聴覚障がい2級(小6のころより人工内耳)

Q。お仕事内容について教えてください

人事総務部で事務職をしています。エクセル・ワード等を使って発注作業や確認作業、
お茶を入れたり、違う部署との連絡などさまざまな仕事をしています。

Q。就活の方法について教えてください

2月から就活を始めました。ハローワークで面接練習をしました。障がい者雇用の求人サイトはあまりやりたいものが見つからなかったため、使用していません。面接の準備をたくさんしました。採用方法を調べて、自分に合ったものを受けるようにしていました。

Q。お仕事の環境について教えてください

口話が中心ですが、ノートテイク・パソコンテイクもしてくれます。また、ときどきジョブコーチが
かいしゃにきてくれて相談にのってくれたり、困っていることを聞いてくれたりして、私と上司との仲介をしてくれます。障がいをお持ちの方は私の部署ではひとりですが、先輩に相談したりして対応してもらっています。

Q。現在の会社に入社を決めた理由はなんですか?

11社受けていて2社内定をいただきました。コミュニケーションがとりやすいこと、連絡が早かったこと、いろいろな経験が出来てキャリアアップができることが選んだ理由です。しかし、コミュニケーション面では入社時にも不安はありました。

Q。就活でやったほうがよいことはありますか?

面接でのコミュニケーションの練習が必要です。自己アピールを考えたり、部活・アルバイトの経験を自分の言葉で話せるように練習すると本番で役に立ちます。落ちてしまうことは普通のことなので気にせずにやりましょう。

Q。就活で活きたことはなんですか?

大学時代にやっていたチアリーディングや大学時代やったアルバイトで培った笑顔とあいさつなどのマナーです。就活では今何ができるかよりも入社してから何ができるかという期待値が大切だと思います。

Q。最後に就活生にメッセージをお願いします。

就活でつらいときは休みながらやっても大丈夫です。本番も練習だと思って気楽に、笑顔でやってみてください。準備をしっかりしていれば本番も練習のようにできます。落ちても気にせずにあきらめないでください。何事もやってみないとわかりません。少しずつ頑張ってみましょう。

以上です。ありがとうございました!
 

会員登録をする

D-spiritsで開催するイベントは、
会員様限定となっております。

学年・障害者手帳の有無は問いません。
みなさまのご登録、お待ちしております!