D-spiritsとは

D-spiritsは1,000社以上の企業ネットワークを持ち、
10,000人以上の障害をお持ちの方の就職・転職をサポートする株式会社D&Iが運営する
新卒障害学生の就活サポートプロジェクト」です。

D-spiritsの想い

身近にロールモデルがいない

私たちはD-spiritsの活動を通してこれまでに多くの大学に通う障害学生と関わってきました。

・社会でバリバリ働きたいけど、障害があることで本当にできるのだろうか?
・企業は本当に障害者を採用したいと思っているのだろうか?
・健常者枠と障害者枠の違いって何?
・自分の障害配慮についてはどこまで伝えればいいの?

このような悩みを抱えながらも、周囲は健常の友人ばかりで相談ができなかったり、インターネットで調べてもうわべの情報ばかりで、自身と同じ境遇のリアルな就活情報や企業の本音を知る機会が少なかったりと、
身近にロールモデル(⇒成功・失敗体験のある障害を持つ先輩)が存在しないことで、漠然と将来に対して大きな不安を持っている障害学生が多いことを知りました。

一方、企業側は障害者雇用促進法の法定雇用率(2.0%⇒2018年4月より2.2%へ上昇)により、障がいをお持ちの方を「雇用しなければいけない」という義務に追われ、
一部の障害をお持ちの方を奪いっている状況が近年続いており、今後はますます売り手市場が加速すると言われています。

つまり、これは障害学生である皆さんにとっては、就活を後押しする時代となってきています。

障害学生の就活を後押しする時代に。
でも本当にこれでいいのか?

しかし、企業が「義務」に追われ雇用することが本当の意味で後押しする時代といっていいのでしょうか?

また、障害学生は身近にロールモデルがいなく、やりたいこと(=軸)が定まらないまま就活をし、
会社名やブランドで自分の大切な将来を選んでしまってもいいのでしょうか?

障害学生だからこそOBOG訪問が必要!

では、これからの就活において何が必要なのか。

私たちは障害学生の身近にロールモデルが少ないことから、もっと当たり前に自身と同じ境遇である先輩と出会うことができるプラットフォームが必要であると考えています。

それがOBOG訪問です。
OBOG訪問とは、企業で実際に働いている先輩社員を訪問し、会社での仕事内容や就活などに関して直接話を聞くことです。

OBOG訪問を通して、多くの先輩と出会うことで、自身の無限大である将来の可能性を制限することなく、
やりたいこと(=軸)を明確にし、後悔しない本当の就活を応援したいと考えています。

障害の有無に関係なく、
やりたいこと(=軸)をとことん追求してほしい

D-spiritsでは「義務」に追われて雇用するだけにとどまらず、戦力として障害をお持ちの方を採用したいと考えている企業にパートナーとして協力頂きながら、

OBOG訪問として実際に社内で活躍している障害をお持ちの先輩社員と障害学生の皆さんとで会って頂き、自身の将来を考えるための機会を提供します。

また、インターネットでは知り得ない、企業の本音を協力企業の人事の方から直接話して頂ける場や、出会いの場を提供致します。

このような機会を私たちは学年不問ですべての障害学生が早期の段階で得ることで、自分のやりたいことや就活における軸を明確にし、
障害の有無に関係なく社会で活躍できる学生を多く輩出することを使命としています。

そして、社会に出たあとは皆さんがロールモデルとして後輩たちをサポートして頂き、誰もが挑戦できる社会を一緒に創っていけると幸いです。

 

BABナビとの連携

D-spiritsを運営する株式会社D&Iでは、障害をお持ちの方向けに就職・転職に必要な情報提供やサポートも行っております。

その中のひとつとして、掲載数業界トップクラスの求人サイト「BABナビ」を運営しています。

現在BABナビでは、新卒採用に向けて就活をしている学生さんに対しても、人事セミナーやマッチングイベント、面接会などのイベントを行っております。
D-spiritsをご利用している学生さんにもピッタリのイベントが盛りだくさん!

ぜひBABナビもチェックしてみてくださいね!

関連するコンテンツ

OBOG訪問

D-spiritsでは、障害学生が気軽にOBOG訪問をできるサービスを提供しております。大学1年生から大歓迎!気になる企業へ訪問しよう。

活動内容

D-spiritsは障害学生が作る障害学生のための活動を行っております

インタビュー

障害学生がOBOG訪問して感じたことや学んだことを読んでみよう。障碍者雇用のリアルな声が詰まっています!

D-spirits会員になる

D-spirits会員になると、D-spiritsが開催するイベントに参加することができます。

また、OBOG訪問のサービスを利用することができます。

この内容で送信します。よろしいですか?